賢くてしぶとい鳩による被害|根本的な対策を専門業者に依頼する

鳥獣保護法で守られている

女の人

平和の象徴でもある鳩は、カラスなど違ってとても穏やかな鳥だというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。パンくずなどのエサをやると寄ってくるので、人間にも慣れているので攻撃性を感じることはあまりありません。公園などで眺める分であれば、のどかな風景の一部になりますが、場合によっては自宅の敷地内に住み着くこともあります。そうなってしまうと、糞や羽根の音などによる被害を受けてしまう可能性が出てきます。特に、普段自宅のベランダに出ないという人や、物置として使っていると鳩が住み着きやすくなってしまいます。鳩にも天敵から避けて巣を作る習性があるので、人の気配のないベランダは巣作りに最適な環境とも言えるのです。ですから、自宅周辺に鳩をよく目撃するのであれば、より注意が必要です。出来るだけ普段から生活スペースの一部としてベランダを活用することによって、鳩対策の1つになります。

鳩対策をする際に気をつけなければならないことがあります。それは、鳩にも鳥獣保護法が適用されているということです。鳥獣保護法では自治体などに許可なく鳩を捕獲したり、殺処分してしまったりすることを禁じています。鳩による被害がひどい場合でもそれらの行為は許されるものではありません。ですから、鳩対策で出来ることと言えば、鳩が人間の生活しているスペースに呼び込まないようにすることしかないのです。一度鳩が住み着いてしまうと、いくら対策をしてもイタチごっこになる可能性があるので、そうならないように普段から気をつけて生活するようにしましょう。